21カオソーイ:エレファントキッチン(三鷹)

アオ・カオソーイ!(カオソーイください!)


カオソーイ合宿のラストを締めくくるお店は、三鷹にあるエレファントキッチンです。南口から中央通り商店街をすすみ、三鷹駅前信号の次の路地を右に入ります。閑静な住宅街の突き当たりを左に折れると、開放的なテラス席のあるお店に到着です。今回は、私たちの仲間も一緒に、3人で伺いました。




店名の通り、いたるところに象の絵や置物などが飾られていて、上品で落ち着いた雰囲気。ゆったりと食事をするのにぴったりです。料理がとてもおいしいという評判だったので、今回はカオソーイのほかに、カオ・ムーデーン(焼き豚のせご飯)、生春巻きをオーダーし、チャーンで乾杯しました。なんたって、カオソーイ合宿のラスト、4軒目ですから!





すると、店員さんがキンキンに冷えたグラスも一緒に持ってきてくれました。ビンでそのまま飲むことが多いので、なんだか新鮮です。お通しのえびせんをつまみながら、よく冷えたチャーンを飲むのは、何とも贅沢でした。



◆生春巻き(写真上)、カオ・ムーデーン(写真下)



エレファントキッチンのカオソーイは、レッドカレーの風味が強いのが特徴です。とろみのあるスープは麺によく絡み、一般的な中華麺よりやや平たい麺は、もっちりつるつるでおいしい!大きめのチキンは久々の骨つきでした。私たちは最後にスープをカオ・ムーデーンのご飯にかけて食べたのですが、予想通りお米によく合いました。





最近はすっかりカオソーイにハマっている仲間も「これはご飯によく合う!」と大絶賛でした。タイカレーは好きだけど、カオソーイは初めてという人にも馴染みやすい味かもしれません。



■今回のオーダー
カオソーイ 1100円
カオ・ムーデーン 1100円
生春巻き 1100円
チャーン 750円





■店舗情報
エレファントキッチン
東京都三鷹市下連雀3-33-17
TEL: 0422-46-2278
11:30 - 14:30(L.O.14:00)、18:00 - 22:30(L.O.22:00) /火曜定休
JR三鷹駅南口から徒歩5分


※この記事は、2017年6月に取材したものです。

アオ・カオソーイ!

タイ北部料理「カオソーイ」をこよなく愛するカオソーイ大使のふたりが、カオソーイの魅力を発信します。東京近郊のカオソーイを食べ歩き、カウントしています。

0コメント

  • 1000 / 1000